メスは必要ありません7
針も必要ありません2,7
機器による脂肪減少19
少ないダウンタイム20,21

CoolSculpting®テクノロジーの信頼性

脂肪除去メカニズムの安全性

CoolSculpting®は皮下の脂肪のみを効果的に冷却し2、皮膚自体に影響は与えません19 。針を使用せず2,7、治療後のダウンタイムも少なくてすみます20,21。 CoolSculpting®は全世界 74 か国で行われ22、これまで全世界で 500 万回超の治療サイクルが実施されています23

施術者に関する安全性

アラガン・ジャパンのCoolSculpting®スペシャリストはトレーニングを受け、クリニックが高水準のケアを提供できるよう継続的なサポートを提供しています。

装置に関する安全性

CoolSculpting®システムは安全機構を内蔵した冷却装置です2 。センサーが皮膚温度を監視し、異常な低温を感知するとシステムは自動停止し、安全な治療を確保します2

アイスキャンディからCoolSculpting®が誕生するまで

何年も前、ハーバード大学の科学者たちが、アイスキャンディを食べた子供達にえくぼができているということに気がつきました27。このことから、Dieter Manstein博士(MD)とR. Rox Anderson博士(MD)は、アイスキャンディが脂肪細胞を選択的にダメージを与える可能性があることを発見しました28
冷却によって皮膚や周囲の組織を損傷せずに脂肪細胞をねらいうちできるのではないかという着想が、現在のクライオポリシスの背景にある知見となり、CoolSculpting®の基となる科学的理論になっているのです8,28