CoolSculpting®施術中の冷却脂肪融解1,2

黄色い球状の細胞は、脂肪を蓄えた脂肪細胞です。

CoolSculpting®テクノロジーは、制御冷却により脂肪のみに狙いを定めてダメージを与えます*1,2,4

その後数週間かけて、ダメージを受け機能しなくなった脂肪細胞は自然な代謝作用で体外排出されます*2,4

つまり、治療が施された脂肪細胞そのものがなくなります*2,4,19

CoolSculpting®施術後に脂肪が排出されるしくみ1,2

治療中に冷却した脂肪細胞は時間をかけて自然死を迎え、自然に体外排出されます*2-4,19。治療をしていない部位の脂肪細胞の分布に変化はありません12,14,15

一般的な体重減少後の脂肪細胞

ダイエットや体重減少のあとは脂肪の容積は小さくなっていますが、脂肪細胞の数自体は同じです20。体重が減少したからといって脂肪細胞がなくなるわけではありません20

体重の増減では一般的に、細胞の数は増減せず20、細胞のサイズが変化します20。体重が増えると脂肪細胞は大きくなります20

CoolSculpting®後の脂肪細胞

CoolSculpting®による脂肪冷却では、複数の治療部位の脂肪細胞数を、治療 6ヵ月後時点で最大 27%まで減らすことが期待できます。9
脂肪細胞は自然な代謝作用で体外排出されるため、身体の他の部位に移動することはありません*2,4 。つまり治療をしていない部位の脂肪細胞は変化しないのです12-15

科学とテクノロジーの融合

CoolSculpting®には何年にもわたる研究が行われ、それが科学的根拠にもとづいた技術であることが証明されました24。CoolSculpting®の有効性と安全性を評価する臨床研究では、52 報の論文が発表されています21