CoolSculpting®治療の対象者

CoolSculpting®は、特定の部位に不要な脂肪のある方を対象としています1,2 。減量手術 (胃バイパスなど)と異なり、肥満の方の減量法ではありません3。部分的に気になる贅肉があり、脂肪吸引等の手術が不要な脂肪減少治療を望む多くの方に4、CoolSculpting®は適しています 4,5

CoolSculpting®は、誰でも受けられる治療ではありません6。クリオグロブリン血症、寒冷凝集素症、または発作性寒冷血色素尿症の患者の方は、CoolSculpting®の適応外になります6。また、CoolSculpting®は肥満治療ではありません。気になることがありましたら、医師にご相談ください。

CoolSculpting®では、あごのライン(あごの下)、太もも、腹部、わき腹をはじめ、側胸部(ブラのはみ肉)や背中の贅肉、お尻のライン(通称バナナロール)の治療が可能です1,2,7-17。担当医があなたの身体と希望に合わせて、あなただけの治療プランを作成します。

治療によって結晶化された脂肪細胞は18,19 、破壊後に自然な代謝作用で体外に排出されます18-20。脂肪細胞自体の数が減るため、効果が長続きします*18-20。詳しくは、 効果のしくみ ページをご覧ください。

安全な治療を行うための安全機構が内蔵されているので、センサーが温度を監視し、異常な低温を感知するとシステムが自動停止します。

治療の流れ

冷却が開始してから数分間は通常、強い冷たさを感じます6が、この感覚はすぐに消失します6。アプリケータの種類によっては吸引時に引っぱられている感覚を自覚される方もおられます6

最初のカウンセリング時にこれまでかかった病気などについて問診し、CoolSculpting®があなたに適切かどうかを判断します。もしクリオグロブリン血症、寒冷凝集素症、または発作性寒冷血色素尿症をお持ちの場合は必ず医師にお伝えください。このいずれかの疾患をもつ場合はCoolSculpting®はご利用になれません。6

CoolSculpting®担当医が、あなたの目標に合わせて最適な治療プランをご提案します。CoolSculpting®の治療期間は、1 回の通院で施術する身体部位の数によって異なります。CoolSculpting®の技術により、施術は35~75 分以内で可能です6 。限られた時間しかなく、気になる脂肪が数箇所にある場合でも、クリニックによっては複数のCoolSculpting®で対応可能な場合があります。 それが適切な場合は、担当医が治療の流れを説明し、具体的なプロセスを決定します。あなたの目標に応じて、施術回数や通院回数が追加されることがあります。

治療後

施術中は、治療部位につままれる感じ、軽くつねられる感じ、強い冷感、ヒリヒリする、チクチクする、痛み、ピクピクするなどの不快感が生じることがあります6。このような不快感は治療部位の感覚が鈍くなるにしたがっておさまります23

治療後にみられる一般的な副作用には、発赤、腫脹、皮膚の白色化、皮下出血、硬結、ヒリヒリする、チクチクする、ピクピクする、痛み、皮膚が敏感になる、感覚麻痺などがあります6。感覚の麻痺は数週間続くことがあります6。あごラインの施術後はのどの奥がつまったように感じることがあります6。このような副作用は一時的なもので、通常は自然に消失します6

まれですが、逆説的過形成、遅発性疼痛、血管迷走神経症状、皮下硬結、 色素沈着、ヘルニアを生じることがあります6

CoolSculpting®は、誰でも受けられる治療ではありません6。クリオグロブリン血症、寒冷凝集素症、または発作性寒冷血色素尿症の患者の方は、CoolSculpting®の適応外になります6。また、CoolSculpting®は肥満治療ではありません3

気になることがありましたら、医師にご相談ください。

CoolSculpting®は完全にメスの不要な治療1なため、施術直後から日常生活に復帰できます3,4,23。CoolSculpting®施術後すぐにお仕事に戻られる方も多くおられます3。ただし、個人によって異なり、治療部位によっても異なります3

効果を評価確認するため、CoolSculpting®担当医のフォローアップ診察の予約をとってください。

ほとんどの方が 2 ~6ヵ月の間に効果を実感しておられます1,2,7,8,10-16